インクジェットでの印刷をコスト面から考える

プリンターは大きく分けるとレーザープリンターとインクジェットプリンターです。それぞれのプリンターの特徴を考えて選ぶことが重要です。ただ、そのためにはどのような目的で印刷をしようとしているかを明確にしなければなりません。目的によってどちらを選ぶかが決まるからです。一般的に言えばレーザープリンターの方が印刷コストは小さいですが、本体の価格は高くなります。逆にインクジェットは本体の価格が安く、印刷コストが高くなるのです。また、カラーの資料の場合はインクの大きさが問題となり、レーザープリンターでは本体が大きくなります。つまり、印刷する量とカラー、モノクロのどちらをメインとするかによって決めなければなりません。レーザープリンターはコピー機メーカーの製品が多くなっています。

カラー化によるコストアップについて

パソコンを誰もが使用する時代となりましたから、会社の会議で使用する資料もカラー化が進んできました。そのため資料のコピーはカラーとなるのです。ただ、そのためにはプリンターも対応していなければなりません。インクジェットプリンターは当初からカラーを意識して作られていますから、標準装備されています。レーザープリンターはカラー化のためには大型化する傾向があります。トナー自体が大きいからです。カラーの資料を作るためにはインクは黒を含めると4色が必要です。そのスペースは無視できないでしょう。あなたの会社の資料はどうでしょうか。もちろん、企業によってどれだけの紙の資料が必要かは大きく異なります。最近はペーパーレス化も進められており、会議では紙を使わないところもあります。

コピー機とのコストの違いについて

一つの資料を何部も用意する場合はコピーの方が速いと考えている人は少なくありません。パソコンから毎回データを送る必要がないからです。ただ、それはコピー機のコストが安くなるという意味ではありません。レーザーとインクジェットの単純な比較ではなく、どのような手順で資料を作成しているかにかかってくるのです。また、同じ資料を何部ぐらい用意しているのでしょうか。企業がペーパーレス化を推し進めても、消費者に対する資料は紙でなければなりません。社内での作る場合と業者に依頼する場合では必要となるコストも変わります。ユーザーのための資料は製本業者に依頼することになりますから、プリンターの種類を考える必要はないのです。少数の資料を何種類も作成しなければならない会社ではしっかり考えておくべきでしょう。