インクジェットの印刷で注意したいポイント

プリンタは家庭にあると何かと重宝するパソコン周辺機器です。以前は高値の商品でしたが、今では一般家庭でも気軽に買える製品になりました。家電量販店やスーパーマーケットの店頭にも普通に置かれています。まだプリンタを持っていない家庭は、そろそろ購入すべきです。年賀状の作成、ポストカードの印刷、お得なクーポンの印刷、WEBサイトのプリントアウト、地図のプリントアウト等、一般の家庭でも役立つシーンは多いです。見た目は高級感が漂う家庭用プリンタですが、実は本体の価格が非常に値下がりしてきており、量販店の方でもセールの対象品になりやすいです。セールの時期を狙って買いに行けば、激安な価格でゲット出来ますので、欲しい方は量販店のHPやチラシをよく見ておきましょう。

インクジェットプリンタの方がメジャーです

プリンタにはインクジェットタイプとレーザータイプの2種類があります。いずれもメリットと注意したいポイントがありますので、それぞれの得手と不得手を理解した上で、自分の家庭にどちらが最適か、考えて買いましょう。比較的安くなって来た家庭用プリンタですが、家庭に二台以上のプリンタは、最初からは要りません。どちらかと言うと、世間一般ではインクジェットタイプの方が人気です。本体の価格が安く、またインクが一般的な店舗でも買いやすい、使い方が覚えやすい等のメリットがあるためです。家電量販店でもそのタイプのプリンタの方がメジャーで、豊富な種類の物が店頭に置かれています。価格帯も幅広く、リーズナブルな製品から一流のプロ仕様の本格的なモデルまで、色々な製品があります。

ただし、注意したいポイントがいくつかあります

インクジェットプリンタはリーズナブルで扱いやすい製品ですが、いくつかの注意点が存在します。まず始めに大量の印刷物の作成にはやや不向きです。一般家庭の範囲であれば、特に気に留める必要は無いかもしれませんが、毎日大量にプリントアウト作業をするとインクがどんどん減っていきます。あくまでレーザタイプと比較した場合ですが、インク代が高いため、大量に消費すると、月々のランニングコストが高くなります。またフル稼働させると、紙詰まりやインク詰まり等のトラブルも発生しますので、人間同様に働かせ過ぎにも要注意です。またプリンタとインクの間には相性があります。本体と別の企業のインクを間違って買ってしまう事に気をつけましょう。互換性は基本的にないため、別々の物をいっしょに使う事は出来ません。