インクジェット印刷にデメリットはあるのか

普段パソコンで作成した書類やプレゼンのシート、大切な思い出の写真などを写真や紙に印刷するときに使用するものとしてプリンターをよく使用すると思います。ただ何気なく写真や書類などを作成するとしてもその方法で大きく二種類にわけられ、その方法とはインクジェットプリンターとレーザープリンターです。インクジェットプリンターはインクを直接用紙に吹き付けて、熱や圧力などを加えて微粒子に変えて発色する方法で、レーザープリンターは感光体にレーザーで形を描いてインクの代わりにトナーを付着させます。性能面での両者の違いや効率的に作成する方法についての特徴を踏まえて、今回はインクジェットプリンターでする事にデメリットは存在するのかどうかという事を説明します。

インクジェットプリンターの特徴とメリット

印刷するという事には変わりはありませんが、レーザープリンターに比べて色が鮮やかに発色することができるという点が大きなメリットです。転写方式ではなく、直接インクを吹き付けて発色させるのでこの様な鮮やかな表現をする事が可能です。レーザープリンターは全体的に大がかりな設備を必要としているので、それに比べると比較的コンパクトに安く購入することができます。消費電力も少ないので維持費も経済的なので安心です。このようにプリンター自体の特徴とメリットは経済面では安価でコンパクトという点と、表現力の豊かさが挙げられました。写真などの色を多用して綺麗なプリントを必要とするようなものはレーザープリンターより表現力が豊かで美しくできるのでこちらを選んだほうが良いとされます。

具体的なデメリットは存在するのか

メリットや特徴をとりあげましたが、次に具体的なデメリットをあげていきます。先ほど直接インクを吹き付けて印刷するので発色が綺麗で表現力豊かな写真が出来上がるというメリットを上げましたが、インクを使用しているので写真専用ではない紙を使用した場合では色が滲んでしまうという危険性があります。経済的なメリットも上げましたが、印刷する枚数が多くなるとどうしても単価あたりのコストがかかるようになってしまいます。これはインクの容量が少ないので交換にかかる費用がかさばってしまうことが原因です。出来上がる速度もレーザープリンタと比較すると時間がかかってしまうこともデメリットです。これらを踏まえてレーザープリンターとのメリットデメリットを理解してうまく使用することが大切です。